Professional hairdresser

ヘアメイクを職にするには|正しい学校の選定法

学校の選び方

どう働きたいかが肝

ヘアメイクに関係する仕事は多岐にわたります。代表的なのが美容師ですが、それ以外にもブライダル関係の仕事や、ヘアメイクアーティスト、メイクアップアーティスト、ネイリストなど美にまつわる仕事は実に様々です。こうした仕事につくには独学ではほとんど不可能で、何らかの学校に行く必要があります。学校も様々な種類があるので、自宅に近いからや、何となく、先輩が行ったからという安易な理由で決めるのは危険です。数年という期間とそれなりに高い学費を払うのですから、きちんと調べて学校選びをすべきでしょう。まず考えるべきはどのように働きたいかです。ヘアメイクの仕事といっても、美容院でカットなどを含めて仕事がしたいのか、成人式やブライダルのときのヘアセットがしたいのか、芸能人のヘアメイクやスタイリングがしたいのかなど目的によって勉強すべきことは異なります。特にこだわって考えるべきなのが美容師資格がいるかどうかです。単なるヘアセットなどは、美容師資格よりも技術が必要となるので、美容師資格をとる必要はありません。美容師資格をとれる学校に進むと、資格試験対策にほとんどの時間がとられてしまうので、技術を習得する時間は少なくなってしまいます。よく考えて選びましょう。実際の雰囲気や、卒業生の進路を確かめるのも大事です。複数の学校を調べて、比較検討してみるのがおすすめです。オープンキャンパスなどがあれば積極的に参加し、雰囲気を確かめましょう。

メイクしてよりオシャレに

ヘアメイクの資格を取れる学校は沢山あります。それだけヘアメイクの資格を取りたい人がいるということです。ヘアメイクとは、モデルや女優、歌手や俳優を美しく魅力的にみせるお仕事です。もちろん一般人もヘアメイクして貰えます。例えば七五三や結婚式などです。ヘアメイクではメイクだけでなく髪型を整えてくれたり、着物の着付けをしてくれたりと幅広いです。人と接する仕事ですので、マナーやコミュニケーション能力もとわれてきます。また、メイクは細かい作業のため集中力がもたないといけません。これらの技術を身につけるには資格を持っておくのが一番です。メジャーな資格としてはJMA(日本メイクアップ技術検定試験)が挙げられます。また、色彩について知るために色彩検定の資格を取る人もいるようです。JMAは一番知られている資格で、1級から3級まであります。3級はメイクの基礎、2級はスキンケアやメイク、1級はカウンセリングなどを含めたメイクの試験が行われます。美容師免許 美容師免許には厚生労働大臣の専門学校や養成学校で2年以上、通信制では3年以上の勉強が必要とされています。さらに試験があるため、そこを合格して初めて美容師免許を持ったと言えます。美容師免許は国家資格なので、取っておきたいところです。ヘアメイクの資格をとってからの就職先は、いくつかに分かれます。テレビに出ている人をメイクするなら、まずはヘアメイク事務所に所属することが第一歩といえます。美容院や写真館で働くなら、お客さんとのコミュニケーションも大事ですね。このように資格を取得しておくと有利です。

基礎を身につける

女性

ヘアメイクとは、髪のセッティングと顔にメイクをすることです。髪をカットしたりカラーリングをする美容師とは違い、セッティングを施します。このヘアメイクアーティストの就職先として人気なのは、写真館やブライダルサロン、そしてドラマや舞台の現場です。こういったところで働きながらさらに実力をつけ、独立する道もあります。ヘアメイクの世界に一番必要なものは技術です。しかし、取得しなくてはならない特別な資格や免許はありません。それまで身につけた技術を生かして仕事をしていきます。ヘアメークアーティストになるための資格は必要ないとはいえ、色に関する資格やメイクの検定試験といった関連の深い資格は存在します。また、ヘアメイクを施すためには、色彩感覚やセンスはとても大切です。絶対条件ではないものの、検定に合格すれば知識を持っている証拠になります。資格を取ることで信頼度は上がり、就職の際も有利です。そしてヘアメイクアーティストを目指すためには、基礎となる技術や知識を学ぶことが大切です。そのためには、専門の学校やスクールに通うことが近道です。これから先活躍するためには、学校で幅広い知識を身につけ、ヘアメイクの技術を習得しておく必要があります。基礎を学ぶことは、将来へのステップアップにつながります。ヘアメイクの学校で基本を学び関連した資格を取得することで、これから先スキルアップがしやすくなり就職にも有利です。そして将来独立する道も開けます。